第9回 GTLシンポジウム

企業や社会の変革を牽引する人材育成プログラム
-大規模複雑化した社会技術システムのダイナミックな変化への対応-

国際化、多様化する企業において、イノベーションを生み出す人材育成は必須です。
2015年から東京大学大学院新領域創成科学研究科は、米国マサチューセッツ工科大学(MIT) System Design Management(SDM)コース と共同で、企業活動の中核を担っているエンジニアを主な対象とした「東京大学MIT産学連携人材育成プログラム」を推進しています。 このプログラムは大規模システムに取り組むための方法論とその実践を東京大学およびMITで学び、企業のイノベーションを生み出す人材育成プログラムです。
本シンポジウムでは、このプログラムの内容とその成果について説明いたします。

開催日:

開催場所(シンポジウム):東京大学本郷キャンパス 工学部3号館(2階)31講義室

開催場所(懇談会):東京大学本郷キャンパス 工学部3号館(4階)424会議室

主催:Global Teamwork Lab (GTL), 東京大学 新領域創成科学研究科

使用言語:日本語

シンポジウム(参加費無料)
時間: 15:00 - 17:00(受付開始:14:30)
場所: 東京大学本郷キャンパス 工学部3号館(2階)31講義室
プログラム: 司会 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授 田中 謙司
1.開会挨拶 東京大学大学院新領域創成科学研究科
国際・社会連携コーディネーター
熊野 尚
2.基調講演 東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授 稗方 和夫
3.パネルディスカッション
(ファシリテーター 新領域創成科学研究科准教授 稗方 和夫)
東京大学大学院工学系研究科 特任准教授 田中 謙司
各組織 本プログラム企業派遣受講生および東大参加者
懇談会(参加費無料)軽食を用意しています。
時間: 17:30 - 19:00(受付開始: 17:00)
場所: 東京大学本郷キャンパス 工学部3号館(4階)424会議室
講演者
稗方 和夫
東京大学大学院 新領域創成科学研究科人間環境学専攻 准教授
(略歴)
東京大学院工学系研究科修士課程修了。博士(工学)。専門は情報システム、設計工学。情報技術の産業・社会実装やシステム設計方法論に取り組む。
日本アイ・ビー・エム株式会社、東京大学大学院工学系研究科助手等を経て2010年より 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授。
(研究内容)
専門分野の高度化と情報通信技術による連係が進んだ現在の産業や社会は、複雑かつ大規模化なシステムとして機能しています。このような産業や社会の問題を速やかに解決するには、異分野の優れた技術の導入や組織・プロセスの変革が必要です。一方で、利害関係の複雑さや副次的な影響予測の難しさ、経験の蓄積による保守的な組織文化などが障害となります。このような背景から、大規模複雑システムの目的、機能、振る舞いや利害関係、サブシステム間の関係性のシステムズアプローチの手法による記述方法を取り入れたシステム設計方法論の構築に取り組んでいます。
講演資料はこちら
  • PDF
  • 申込方法/連絡先

    こちらの申込フォームにアクセスし必要項目を入力し送信してください。

    受付は終了しました。

    もしくは、下記のアドレス宛にテンプレートに従って、メールでお申込ください。
    連絡先:GTLシンポジウム事務局/gtl@is.k.u-tokyo.ac.jp
    本文に、お名前(フリガナ)、貴社名、部署名、役職、メールアドレス、懇談会出欠をお送りください。
    件名は「5/24GTLシンポジウム申し込み」としてください。

    【テンプレートおよび記入例】

    姓: 東大
    名: 太郎
    フリガナ 姓: トウダイ
    フリガナ 名: タロウ
    メールアドレス: gtl@is.k.u-tokyo.ac.jp
    貴社名(学校名): 東京大学大学院
    部署名(学部名): 新領域創成科学研究科
    役職名(学年): 教授
    参加セッション シンポジウム(15:00 - 17:00): 参加
    懇談会(17:30 - 19:00): 不参加

    会場

    東京大学本郷キャンパス 工学部3号館アクセス
    〒113-8656 東京都文京区本郷7丁目3−1