Activities

Report: “20th Anniversary of GSFS Symposium: Guide Dogs and Frontier Science”

29.Oct.2018(Mon)
Associate Professor Hiekata Kazuo from the University of Tokyo made presentations for 20th anniversary of GSFS Symposium "Guide Dogs and Frontier Sciences". The presentation was given in Japanese. The contents was reconsideration of relationships between guide dogs and their users using systems approach, which are ways of thinking often used in Global Teamwork Lab (GTL) to help solve the gap between strategy and implementation.

 

Date:  7th, Sep. 2018 (Fri.) 13:30 ~ 17:50

Place: Media Hall in Kashiwa Library, Kashiwa Campus, The University of Tokyo

Participants

        Around 80 people (including public participants)

Contents(Japanese Only)

1. 盲導犬PR犬によるデモンストレーション   多和田 悟/日本盲導犬協会理事

2. 開会の挨拶   三谷 啓志/新領域創成科学研究科長

3. 講演「見ないで歩く」   多和田 悟/日本盲導犬協会理事

4. 講演「盲導犬育成を科学するニーズと研究テーマ」   松浪 芳郎/日本盲導犬協会理事

5. 講演「システムズアプローチによる盲導犬とユーザーの関係の再検討」   稗方 和夫/人間環境学専攻准教授

6. 講演「触覚研究と盲導犬の接点」   篠田 裕之/複雑理工学専攻教授

7.  講演「視覚障害者にとっての実験室安全とは」   大島 義人/環境システム学専攻教授

8. パネルディスカッション「盲導犬ユーザーのニーズと新領域のシーズの融合」   

パネラー:吉川 明・多和田 悟
     三谷 啓志・大島 義人・篠田 裕之・稗方 和夫
     澤口 亜由美(東北大学技術職員)
ファシリテーター:松浪 芳郎・渡邊 学

9. 閉会のあいさつ   吉川 明/日本盲導犬協会理事

 

Here's materials for the presentation (written in Japanese).

Click here

 
« | HOME | »