Events

Systems approach workshop and report (March MIT workshop) will be held on June 7th

20.Apr.2018(Fri)

Do you know what systems thinking is?

Introduction

This session is to introduce the systems approach used in the Global Teamwork Lab (GTL) and the Brightline Initiative to students and faculty in the Graduate School of Frontier Sciences (GSFS). We will report on past 1 week exchanges in March and 10 weeks stay between UTokyo and MIT, and offer a hands-on workshop that can help you explore the possibilities of applying systems thinking in your own research.

Date: 2018年06月7日 (木)
Time: 14:55-17:00 (door opens: 14:50)
Venue: 3F lecture room, Environmental building, Kashiwa campus
Language: English (Japanese speakers are welcome)

Program

1. Introduction lectures:Systems thinking, GTL, and Brightline in GSFS
      - Associate Professor HIEKATA Kazuo, HEES
      - Project Researcher SIOEN Giles, HEES

2. Student experience: GSFS at System Design and Management, MIT
      - Rey Sunbin Yoo, ENVSY
      - Igor Voroshilov, GPSS-GLI
      - Tatsuya Kaneko, OTPE

3. Workshop (30min.): Applying systems thinking in your research
      - Hands-on workshop (SVN building)

4. Panel discussion: Brightline Initiative and GTL Research Program

5. Closing remarks by Associate Professor HIEKATA Kazuo, HEES

GTL Systems Approach Workshop at MITは、本研究科の様々な専攻の
修士博士論文の研究が社会にどうやって価値を還元しようとしているかを学生に明示的に認識させることで、学生
が学術に取り組むことへの動機づけを行う機会を目指して行った。参加した学生は、システムズアプローチのうち利
害関係分析と機能分析の基礎を学習し、(1) 修士博士論文での自身の専門分野が達成しようとしている機能
を他分野の研究者に分かりやすく説明すること、 (2)達成される技術的機能が関連するコミュニティの利害関係
にどのように貢献するかを説明すること、の二つに取り組んだ。2017 年度は複数のプログラムや研究プロジェクトか
らの支援をいただき、環境系、生命系、基盤系のすべての系の学生と学部生を派遣した。本報告会では、参加
した学生が自身の研究テーマの社会的インパクトを考え、システムズアプローチの方法論を利用して Thesisにつ
いて検討した内容を報告する。また、研究科のプログラムで10週間MITに渡航した学生の報告も合わせて行う。

| HOME | »