Activities

レポート:Systems Approachに関するワークショップを行いました。

2018年06月18日(月)

1stsympo_top

GTLとBrightline Initiativeで用いられている、Systems Approachを紹介するワークショップを行いました。
新領域創成科学研究科に所属する、幅広い分野の学生や職員が参加しました。
また、MITとの学生交換プログラムの過去参加者から、その体験談や、Systems Approachがどのように研究へ適用できたかを、
直接聞くことが出来る貴重な機会となりました。

 

     Date:June 07th, 2018

     Time:15:00 ~ 17:00

     Participants by department

          OTPE - 7, ENVYS - 1, GPSS-GLI - 6, ALS - 1, HEES - 5, CSE - 1, SI - 1, ES - 1

          Total - 23

Program

1. System Thinkingの紹介     

     Associate Professor, Hiekata Kazuo - “Do you know what systems thinking is?”

     Project Researcher, Sioen Giles - “Systems thinking and urban agriculture”

2. 学生の経験談

     Rey Sunbin Yoo - “Synthesizing system thinkings to the research”

     Igor Voroshilov - “GTL System Thinking Workshop 2018 March 5~10”,

     Tatsuya Kaneko - “Model-based design for maritime industry”

3. ワークショップ:System thinkingの体験

     Marc-Andre Chavy-Macdonald

4. パネルディスカッション

     Rey Sunbin Yoo, Igor Voroshilov, Tatsuya Kaneko, Takayuki Kajihara, Minori Narita, Marc-Andre Chavy-Macdonald

5. 閉会

      Associate Professor, Hiekata Kazuo

パネルディスカッション

MITを訪れた東大の学生が、参加者からの質問に回答する形式で行いました。
参加した学生からは、「研究の目的を明確にすることで、研究手法の改善へと繋がり、研究の進展が生まれた」、
「Systems Approachを適用して利害関係者とその関係を明らかにすることで、利害関係者や社会に広く関連づけた研究が出来るようになった」などの
意見が聞かれました。

写真

MIT訪問時の経験を語る学生

Systems Approachによる研究の改善点を説明する学生

ワークショップの様子

各グループに専門の学生が付いて補助しました

パネルディスカッションの様子

参加者からの質問に答える学生の様子

« | HOME | »