Activities

NASA ISAC 2016 in BOSTONへの参加

2016年05月13日(金)

1stsympo_top

NASA International Space Apps Challenge (ISAC) は毎年、アメリカ航空宇宙局(NASA)がインキュベータとなって開催される国際的なハッカソンです。それぞれが異なったバックグラウンドを持つメンバーでチームを編成し、宇宙開発促進や地球上での生活をより良いものにするための様々な問題にチャレンジします。ハッカソンはまず地区ごとに行われ、地区で勝ち残ったチームが本選に進みます。

GTLではボストン地区大会を対象とし、開催期間中の場所の提供とコミュニケーションのサポートを行っています。2016年もGTLを通して東京大学から5名の学生が参加し、Ideathon(2016年4月9日)、Hackathon(2016年4月23日-24日)に取り組みました。

ボストン地区大会情報  大会公式ページ

Ideathon

2016年4月9日 8:00~11:00 JST


 2016年4月23日~24日のハッカソン本番のテーマ決めとしてアイデアソンが行われました。Google HangoutでボストンとLive中継して、各自が持ち寄ったアイデアを順に発表していきます。
投票の結果、東京大学柏キャンパスの参加者が出した3つのアイデアは全て採用されました!

選ばれたテーマ

・"Body-Watcher" / Kodai Ito

・"Global Ocean App" / Ronald Muhammad

・"Southeast Asia Fire Alert" / Windy Iriana

参加者達はこれから2週間、ボストンとの混合チーム内で打ち合わせ・準備を行い本番に臨みます。


Hackathon

2016年4月23日 9:00 GMT - 24日 15:00 GMT


 2016年4月23日~24日にハッカソンが行われました。作業はボストンと日本との時差を利用し、交代交代で行われました。
投票の結果、東京大学柏キャンパスの参加者、伊藤航大を含む チームがBest use of Bluemix賞を受賞しました!

 
Body-Watcherのメンバーとの一枚。
« | HOME | »